お役立ちコラム

美しいしぐさで目指せ着物美人

着物を着ているときは、着物独自の“しぐさ”があります。普段のお洋服の時のように、足を大きく開いて歩いたり、手を大きく動かしながら話したり、というのは、見た目がだらしなく、また着物の着崩れにもつながります。

美しいしぐさで着物美人を目指しましょう!!

1. 立っているときは背筋を伸ばして手は前で組もう!!

着物は左側から見られるほうがキレイに出来ています。柄が多く入っている部分をみんなに見せて、
着物の華やかさをアピールしましょう!また、手は軽く組んでおくと、袖の形も整って、美しく見せれます!

そして、一番重要なのは背筋!どんなに可愛いヘアメイクをしても、背筋が悪いと台無しです!
お腹に力を入れて、少し上に伸びるようなイメージで背筋を伸ばしましょう★それだけでも魅力的な着物美人♪

2. 裾を持ちながら、狭い歩幅で歩きましょう!

着物で歩くときは、いつもの歩幅よりも少し狭くして歩きましょう。ガバガバと足を開いて歩くのは印象×です!!
上前の裾を少し持ち上げて歩くことで、着物にゆとりを持たせ、着崩れ防止効果も期待できます。おしとやかな印象にも見えますよ☆

階段を登る時も同様に、裾をあげながら登りましょう。袖が階段に付かないようにも注意してくださいね!

慣れない草履で歩きにくいと思いますが、歩き方をマスターして、特別な1日を楽しく満喫しちゃいましょう♪

3. 車に乗り込むならまずお尻から!ヘアセットを崩さないように注意!

支度が完了して、移動するときに注意して欲しいのが、車の乗り方です!
いつもだったら、足から入ると思うのですが、そうすると、着物の着崩れが起きてしまいます。

まずは、お尻から入りイスに座った後、足を持ち上げましょう。
あと、可愛くヘアセットした髪型を車内に当ててしまわないように気をつけて!

式が始まる前に、せっかくの晴れ姿が乱れてしまわないよう、注意しましょう!

4. 座る時は袖と帯に注意しよう!!

祭典の間、イスに座ることが多くなります。座る時も、注意しないといけないポイントがいくつかあります!

まずは、袖についてです。座る前に必ず、袖を身体の前に持ってくるようにしましょう!
袖の上に座ってしまうと、手の自由が奪われてしまいます。また、床につけると汚れてしまいます。
座る時には、袖を折りたたみ、膝の上に重ねて置いておきましょう!

次は帯です。せっかくキレイに形作ってある帯なので、イスにもたれて潰さないようにしましょう!
少し浅めに座り、背筋を伸ばして座ることで、着崩れも防ぎ、見た目も美しい姿になります♪

5. 裾をまくり上げれば、万が一のトイレも安心!!

着物だと、トイレに行けないんじゃないかと思われるかもしれませんが、方法を知っていれば問題ありません!
袖と裾の処理をきちんとすれば、着物を汚すこともありません♪当日慌てることの無いように、前もって覚えておきましょう!

1:両袖を一つにまとめ、結ぶかクリップで留めるかしましょう。
2:裾はスカートをたくし上げるようなイメージで、裏返すことなく持ち上げ、帯締めにしっかりと引っ掛けます。
3:長襦袢も同様に行います。
4:終わったら、長襦袢→着物の順で下ろせば元通りです。
5:万が一、帯締めが緩んでしまったら、友達に少しきつく締めてもらいましょう。